精神保健指定医のFAQ

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 精神保健指定医のやりがいは?

精神保健指定医のやりがいは?

精神保健指定医の仕事は、通常の精神科医としての仕事を続けながら、必要が生じたときに隔離や身体拘束などの措置をすべきかどうかの判断を下すことになります。そのため、精神保健指定医の業務は、他の精神科医と基本的に同じで、多くの患者さんの精神的な疾患を治療するのがメインとなります。いつも患者さんの福祉のために働くことができますので、人の役に立っているという実感を強く持つことができるでしょう。精神疾患で悩んでいる患者さんは、大きな苦痛を味わっていますし、患者さんのご家族も同じように苦しんでいます。病院に来て、治療を受けることによって徐々に症状が改善していって、元通りの生活に戻れる様子を見られるのは医師としてとても幸せなことでしょう。そして、ご家族とコミュニティーの中で、楽しみながら社会生活を送れるよう助けることができるのは、強いやりがいを与えるものとなります。

そして、患者さんが持つ症状が強く、本人に自傷行為のリスクが高まった時には、応急入院や隔離、身体拘束などの措置を講じることになります。精神保健指定医が判断することによってこうした措置が初めて取れるようになりますので、自分の下した判断によって、患者さんの福祉を守れるという利益があります。また、非医療機関で精神保健指定医として働く場合には、措置入院などの手続きを踏むことになります。社会的にとても意義のあることですし、地域社会にいる人々の福祉を守ることもつながります。精神保健指定医がいなければできないものですので、自分が社会のために役立っているという、より大きな達成感を味わうことができるでしょう。

また、この精神保健指定医の資格を取るためには、ある程度長い年数に亘る臨床経験が必要となります。そして、資格取得のために提出するレポートについても求められるレベルは高く、簡単には試験に受からないものです。試験の度に異なりますが、合格率は5割から7割程度となっています。医師に関する専門資格では、低めの合格率ですので、この資格を持ち仕事ができるというだけでも、やりがいを感じられるものとなります。

さらに、精神保健指定医として働いている医師は、一般的な水準よりも高めの給料を得ることができます。自分のスキルに高い評価が下されているという実感を持つことができますので、高い自尊心を保つことができますし、社会的にも恵まれた立場にいるという感覚を持つことができます。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.