精神保健指定医のFAQ

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 精神保健指定医になるメリットは?

精神保健指定医になるメリットは?

精神保健指定医は、精神科医の資格です。他の診療科の医師にも様々な資格が存在します。例えば内科認定医や小児科専門医、麻酔科標榜医などです。しかし、これらの資格と精神保健指定医の資格が一線を画すといわれているのは、他の専門資格のほとんどが民間資格であるのに対して、精神保健指定医は国家資格であることです。そこで、精神保健指定医になるメリットとして、3つのことがあります。

1つ目は、診療報酬が高いことです。精神保健指定医と精神保健指定医を持っていない精神科医が同じ診療を行ったとしても、その診療報酬は異なります。精神保健指定医が診療を行った方が点数は高いのです。例えば精神保健指定医が開業したクリニックと、精神保健指定医を持っていない精神科医が開業したクリニックでは、患者の人数が同じであったとしても診療報酬が異なるので収入が異なります。精神保健指定医を持っている方が、収入アップにつながるのです。

2つ目は、転職の際に有利になることです。精神科医が独立開業してクリニックを運営する場合、入院患者を受け入れないクリニックであれば、必ずしも精神保健指定医を持っている必要はありません。しかし、入院患者を受け入れる精神科の病院である場合、精神保健指定医の配置基準が存在します。つまり、精神保健指定医がいないと、入院患者の受け入れさえできないということです。そのため、入院患者を受け入れている精神科の病院では、できれば多くの精神保健指定医の確保をしたいところです。そのため、精神保健指定医の募集を行っていない場合であったとしても、優先的に採用される確率が高くなります。

3つ目は、国家資格であるので、精神保健指定医であれば、資格を持っていない精神科医ではできない仕事があることです。精神科の病院に入院する患者というのは、正常な判断をする精神を持ち合わせていないことが多いため、精神が不安定になっている患者が自傷行為をしたり犯罪行為をしたりしないように、強制入院をさせる必要があります。しかし、強制入院というのは、患者の人権をおびやかす恐れのある措置で、その強制入院が適切であるかどうかを判断するのが、精神保健指定医の仕事です。つまり、精神保健指定医を持っていない精神科医とは、できる医療行為に差があるので、医師として積める経験にも差があります。

精神保健指定医を取得するのは、他の専門資格と比べると非常に難しいと言われています。しかし、メリットもあるのでその取得にまい進する精神科医も多くいます。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.