精神保健指定医のFAQ

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 精神保健指定医の高収入求人は?

精神保健指定医の高収入求人は?

精神保健指定医は、その資格を持たない精神科医よりも高収入の傾向にあります。例えば、「精神科医募集」としている求人で年収が1000万円から1500万円とされていた場合、精神保健指定医の資格を持っていれば、下限の1000万円になることはほぼありません。そのため、精神保健指定医の求人はそのほぼ全てが、精神科医の求人の中では高収入の求人であると考えて良いでしょう。

そんな中でも、もっと高収入の求人を見つけるポイントは、「精神保健指定医」を求めている求人にしぼって求人を探すことです。精神保健指定医で求人を探すと、精神保健指定医の求人だけではなく、精神科医の求人もヒットします。精神科医の求人は、精神保健指定医の資格を持っていれば優遇のような形なので、精神保健指定医に限定したものではありません。そのため、収入の下限と上限の幅が広く設定されています。その分、交渉の余地もあると考えることもできますが、どうしても精神保健指定医でなければならないというわけでもないので、あまり高収入は望めない可能性もあります。

その点、精神保健指定医に限定した求人であれば、はじめから精神保健指定医が応募されるのを想定されているので、下限と上限の幅が狭い傾向にあります。そのため、実際にもらえる金額の予想が立てやすいですし、高収入を提示してあることが多いです。

また、経営が安定している大手の病院の求人を探すのもひとつの手です。経営が安定している大手の病院は、一般的な総合病院よりも経営が安定しているので、高収入を提示していることが多いです。「国立などの公立の病院の方が良いのでは?」と思う方もいますが、国立などの公立の病院では医師に与えられる給与があらかじめ決まっているので、収入が安定している分、増額は望めないので高収入という観点から言うと異なります。

「絶対に高収入の精神保健指定医になりたい!」という場合には、開業医になるのが手っ取り早いです。精神科医は、他の診療科と比べて、治療で器具を使う必要がありません。そのため、初期投資が断然に低いという特徴があります。さらに、大きな総合病院の精神科よりも、まずは近くの診療クリニックに行きたいという患者もいるので、一定数の患者も確保できます。

そのため、独立開業している医師の中でも、精神科医は高収入の傾向にあります。年収が2000万円以上になるのも夢ではありません。さらに言うと、年齢を重ねてもなおスキルアップしていけるのが精神科医なので、50代・60代になっても年収が全然落ちない医師が多い傾向にあるのが、独立開業した精神保健指定医です。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.