精神保健指定医のFAQ

精神保健指定医TOP >> FAQ >> 精神保健指定医の手当は?

精神保健指定医の手当は?

エリアによっては、精神科医の給料は他の診療科の医師よりも高いことがあります。それだけ地域によって精神科医のニーズが高いということを示しています。そして、その中でも精神保健指定医は、通常より高い手当が付きますので、より高収入を得られることになります。というのも、閉鎖病棟を抱えている精神病院では、精神保健指定医の存在が必須となるからです。大きめの規模を持つ精神病院では、どうしても身体拘束や隔離などの措置が必要となります。こうした措置は、患者さん本人を守るためでもありますし、他の人に危害を加えないためにも必要です。しかし、こうした措置を取ることによって、患者さんの人権が侵害される可能性もあります。そこで、医療面でも法的にも高度な知識を持ち、正確な判断ができる人が求められます。これが、精神保健指定医の役割ということになります。

それだけ、精神保健指定医のニーズは高く、大きな病院ではどうしても欠かせない存在なのです。この役割を果たせる医師がいないと、病院経営そのものが成り立たなくなる可能性がありますので、一般医師よりも高い給料を支払ってでも、病院側としては精神保健指定医にいてほしいと願っています。こうしたことから、一般的な精神科医よりも精神保健指定医は、少なくても1割、場合によっては3割程度高い手当を受けられることがあります。資格によって特別に手当がつくということではなく、精神保健指定医の資格を持つ医師の場合は、最初から高めの給料設定がなされていますので、すぐにどのくらいの年収を得ることができるかを調べることができます。

多くの病院は、臨床経験年数や精神保健指定医としての実務経験によって、異なる年収を提示しています。たとえば、経験によって1,200万円から2.000万円の年収となっていて、経験年数によって相当の収入差が出てきます。また、年数に加えてどれほど実際の症例を扱ってきたかということも重要な要素となります。これだけ大きな違いが出ますので、転職活動をする時には、今までの実績についてしっかりとアピールするのが肝心です。また、給料や待遇については交渉次第で随分変わるものですので、転職活動をする中でしっかりと自分の希望を伝えてできるだけ良い条件で働けるようにしましょう。せっかく努力と時間を費やして取得した資格ですので、それに見合った、できるだけ良い評価を下してくれる病院を選ぶようにしましょう。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.