精神保健指定医の勤務時間

精神保健指定医TOP >> 基礎 >> 精神保健指定医の勤務時間

精神保健指定医の勤務時間

精神科医は就労場所によって、ゆったりとした環境で働けるケースもあるようです。ただ、最近では全国的に患者が増えているので、忙しい毎日を送っている精神科医も多いはずです。 では、精神保健指定医になると勤務時間などにはどういった変化があるのでしょうか? 精神保健指定医を取得したものの、あれもこれも担当させられて激務になってしまうようならば、ためらう人も居るかもしれません。

そこで今回は、求人票に出ている勤務時間や、実際に現場で働く医師の言葉を参考に、精神保健指定医の勤務時間を考えてみたいと思います。

■精神保健指定医の勤務時間は他の精神科医と変わらない
結論から先に言いますが、精神保健指定医の勤務時間は、一般の精神科医と比較して大差がありません。他の精神科医が忙しい病院では精神保健指定医も忙しいですし、他の精神科医がゆったりと働ける病院では精神保健指定医もゆったりと働けます。精神保健指定医といっても医師は医師なので、基本1日8時間の勤務となっています。

例えば東京都福祉保健局から出ている求人票をチェックしてみても、勤務時間は8時間×5日=40時間と約束されており、週休2日で土日祝日以外にもきちんと休日・休暇は確保されると分かります。宿日直もなく、残業も基本的にはないみたいです。類似の求人は大手の転職エージェントなどに問い合わせてみれば、いくらでも出てきます。精神保健指定医だからといって他の精神科医と勤務時間に特別な違いが出るかといえば、そうでもないといいます。

■勤務時間のきっちりとした病院を探すには
ただ、冒頭にも書いたように、精神保健指定医の実際の勤務時間は、各医療機関によって異なります。働き始めてから激務だと分かる場合も多々あります。 できるだけ落ち着いて働きたい場合は、『リクルートドクターズキャリア』のような転職エージェントに登録をして、事前に勤務時間がしっかりとしている医療機関を探してもらった方が安心です。その手のサービスを通して転職をすれば、勤務時間で後悔するようなケースはまれなので、精神保健指定医の合格を機に転職を考えている先生は、利用を検討してみるといいかもしれません。

以上、精神保健指定医の勤務時間についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 精神保健指定医といえども、勤務時間は1日8時間、週に40時間という医療機関が普通に多いと語りました。 ただ、サービス残業を強要してくるような医療機関も当然あるので、仮に精神保健指定医取得を視野に転職を考えている先生は、転職エージェントなどを上手に利用して就労環境の整った場所を選ぶといいと思います。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.