精神保健指定医の採用基準

精神保健指定医TOP >> 基礎 >> 精神保健指定医の採用基準

精神保健指定医の採用基準

精神保健指定医の資格は、持っているだけで転職の際に有利に働きます。全国でもそれほど多くはない精神科医の上位資格なので、取得ができれば当然就職や転職でも有利に働きます。ただ、当然ですが資格にあぐらをかいていると足元をすくわれるかもしれません。 そこで今回は、精神保健指定医の資格を取得した上で、希望の病院に転職したいと思った場合の注意点をまとめます。中でも採用基準を意識した注意点をまとめますので、ぜひとも参考にしてみてください。

■精神保健指定医は、人としての魅力が問われる
さまざまな医療機関から出ている精神保健指定医の求人を横断的にチェックしてみるとすぐに分かりますが、精神保健指定医の採用を検討している医療機関は、社会人として優れた人材を共通して求めています。精神保健指定医は資格を取得している時点で能力に関する担保があります。だからこそ逆に、1人の社会人として成熟度を問われるのです。 例えばある精神保健指定医を求める有床の診療所は、以下のような精神保健指定医を求めていました。

法人の理念に賛同できる人
勉強に熱心な人
上司や同僚と協調できる人
主体的に仕事に取り組める人
患者、家族、地域住人や社会のために働ける人

こういった条件では、医師としての能力うんぬんではなく、1人の社会人としての成熟度が問われています。精神保健指定医の資格を取得しているからといって不遜な態度を取っていると、不採用になる恐れが高いのです。

■応募先の個別の採用基準を知りたい場合は
ただ、先に挙げた求められる人材像は、あいまいです。個々の医療施設に沿った詳しい採用基準を知りたいと思えば、転職エージェントを経由して応募してみるといいと思います。 この手のサービスは、求人に応募したいと告げると、その求人を出している医療機関が具体的にどのような人材を求め、どのような採用基準で採用するのか細かく教えてくれます。担当のスタッフが医療機関の採用担当者と綿密に話し合いの場を設け、どういった人材を求めているのか事前に聞き出してくれます。 採用側がどのような医師を求めているのか分かれば、対策も簡単ですよね。その意味で非常に使えるサービスなので、利用を検討してみるといいかもしれません。

以上、精神保健指定医の転職時の注意点と採用基準について考えてみましたが、いかがでしたでしょうか? 精神保健指定医の転職では主に社会人としての成熟を見られていると語りました。 転職エージェントなどを利用しつつ、しっかりと対策を練ってから応募してみてくださいね。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.