精神保健指定医の非常勤

精神保健指定医TOP >> 基礎 >> 精神保健指定医の非常勤

精神保健指定医の非常勤

精神保健指定医と聞くと、常勤の医師を思い浮かべる方も多いでしょうが、非常勤で働いている方もいます。ただし、常勤で精神保健指定医として働く場合であれば、医療機関で働く方法と非医療機関で働く方法の2つの働き方がありますが、非常勤として働く場合には、主に医療機関で働くことになります。なぜなら、非医療機関とは行政機関で働くことになるからです。行政機関であっても、非常勤の精神保健指定医として働いている方もいますが、みなし公務員として働くことになるので、常勤の場合が多いです。

非常勤として精神保健指定医として働く場合、その募集の種類は2つあります。1つ目は、曜日が指定された非常勤での働き方です。これは、入院のある病院・入院のないクリニックに関わらず採用されている非常勤の働き方の種類ですが、精神保健指定医の診察は何曜日と決めることで、他の常勤の医師の負担を減らすやり方です。例えば、精神保健指定医が他にいない病院やクリニックの場合、何曜日に精神保健指定医が診察をするというように決めておけば、精神保健指定医の診察が必要な方の対処もしやすいですし、精神保健指定医の診察がある病院としての信頼が高まります。

また、非常勤として働く精神保健指定医も曜日が決まっていることで、働きやすいです。非常勤で働く事情は様々でしょうが、家庭の事情によって非常勤で働く場合には、特に予定を立てやすいといえます。

2つ目は、時間が指定された非常勤での働き方です。時間が指定されたとは、夜勤を担当して働いたり、日勤を担当して働いたりする事です。入院患者を受け入れている精神科の病院に多くある働き方で、医師の人数が足りている病院もあれば、そうでない病院も当然あります。また、常勤の医師の人数は足りているけれど、シフトにもっと余裕を持たせたいと考えている病院もあります。

そこで重宝されるのが、時間指定された非常勤の精神保健指定医です。日勤であろうと、夜勤であろうと決められた時間で働くことになりますが、そのような非常勤の精神保健指定医が1人でもいると、病院側は常勤の医師のシフトに余裕を持たせやすいです。非常勤の精神保健指定医として働く側も、時間指定がなされているので、自分の時間をつくりやすいです。中でも家庭のある非常勤の精神保健指定医は、日勤のみの非常勤として働くこともあります。

非常勤として働くと、様々な病院を掛け持ちもできます。そのため、自分のスキルアップができるという側面もあります。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.