精神保健指定医の取得・申請

精神保健指定医TOP >> 基礎 >> 精神保健指定医の取得・申請

精神保健指定医の取得・申請

ある程度キャリアを積んできた先生の中には、精神保健指定医をキャリアアップの上位資格として検討している方も多いかと思います。ただ、実際に精神保健指定医を取得しようと思ったら、どういった申請方法が必要になるのでしょうか? そこで今回は、精神保健指定医の取得までの流れを、厚生労働省などの情報を基にまとめてみたいと思います。

■精神保健指定医の申請ステップは主に3つ
精神保健指定医は誰でも応募できる資格ではありません。きちんとした準備を通して、応募の条件を満たす必要があります。応募条件は以下の3つになります。

(1) 5年以上の医療実務経験(3年以上の精神科医としての経験)
(2) 指定の8つの症例に関するケースレポートの作成と提出(統合失調症2例、気分障害、中毒性精神障害、児童思春期症例、老年期精神障害、器質性精神障害)
(3) 精神保健指定医の新規申請のための研修会参加


上述の3条件を満たした上で、

履歴書
医師免許の写し
申請書
ケースレポート
研修の修了書(厚生労働大臣の登録を受けた物が行う研修。申請前一年以内に修了した場合に限る)
写真
常時勤務証明書

といった書類を提出します。

■ケースレポートの書きやすい病院は?
ただ、応募の条件であるケースレポートで8つの症例を自分の所属する病院では診られないと思ったら、職場を移るという選択肢も出てくるはずです。実際に資格を取りやすい病院、取りにくい病院、資格取得に協力的な病院、非協力的な病院は分かれるので、身の置き場所は重要になってきます。

しかも、資格取得後に精神保健指定医を待遇などの面で高く評価してくれる病院を選べると一石二鳥なので、『リクルートドクターズキャリア』など大手の民間転職エージェントに登録をして、条件に合った求人探しのために利用を検討してみるといいかもしれません。

以上、精神保健指定医の取得・申請について基礎的な情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 精神保健指定医は幾つかの条件を満たした上で、必要書類を提出すると語りました。 ただ、現状の職場で条件が満たせるかどうかはまた別の話なので、難しい場合は職場を移らなければいけません。その職場探しでは転職エージェントなどが役立ちます。転職エージェントとは民間版のハローワークのようなサービスで、登録も利用も完全に無料で行えます。利用を検討してみるといいかもしれませんね。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.