年齢別の精神保健指定医の求人

精神保健指定医TOP >> 年齢別の精神保健指定医の求人 >> 20代向け

20代向けの精神保健指定医の求人

精神保健指定医になるためには、最低でも5年以上の医師としての臨床経験が必要となります。そのため、現実的には20代の精神保健指定医というのは少数です。こうしたことから、多くの精神病院ではあまり20代の精神保健指定医の採用を重視していません。もちろん、精神病院からの求人のほとんどは、年齢に関する条件を設定していませんので、20代であってもそれほど大きな問題となりません。

とはいえ、精神科医や精神保健指定医の募集では、臨床経験の年数もしくは精神保健指定医としての経験実績が待遇に大きな影響を及ぼしますので、20代であまり経験年数が少ない場合は、年収面で不利になることが多くなります。もちろん、最初は収入基準が低くなるのは仕方ないことですので、まずは採用を目指して転職活動を行い、転職を果たして臨床経験を積んでいくことで、待遇を向上させることができるでしょう。

また、20代のうちは、様々な現場で実績を積んでいくことがとても重要です。いろいろな症例、ケースを経験することで、精神科医として、また精神保健指定医としてのスキルを伸ばしていくことができますので、今までとは異なった環境で業務を行うことはとても重要です。また、都市部か地方部かによって、扱う症例に差が出てきます。より精神保健指定医としての見識を伸ばすためにも、病院を変えてみるという手もあるでしょう。

そして、20代のうちは、精神保健指定医の資格取得を目指している医師の割合も多くなりますので、医師求人の中でも、精神保健指定医の資格取得を目指している人向けの募集が多く見られます。豊富な症例を扱えることや、精神保健指定医の指導を行える医師がいるなどのメリットを開示して、募集を行っているケースがたくさんあります。もし、精神科医で資格を取るために転職をしたいと考えているのであれば、こうした条件で病院を探すようにすると良いでしょう。

また、医療機関からの求人の他にも、非医療機関から精神保健指定医が求められることがあります。行政機関からの募集で、公務員として精神障害に対応することになります。また、地域住民の福祉を守るために、強制的に入院措置を取る手続きをする必要が生じることもあります。この仕事に関しては、20代を対象とした求人も出ていますので、興味のある人はどんな条件で採用されているのかチェックしてみると良いでしょう。公務員としての採用になるのが基本ですので、安定した雇用が保証されるというメリットがあります。

精神保健指定医の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 求人数の多さ 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 求人数の多さ
  • ★★★★★





Copyright (C) 2015-2018 精神保健指定医求人ガイド【※大手サイトで賢く転職】 All Rights Reserved.